TOP

理事長メッセージ

理事長

『中学校時代、たとえ学校に馴染めなかった生徒であるにせよ、高校進学の道を閉ざして、その力を埋もれさせてしまうのは、社会の損失である。従って高校は、その門戸を開放すべきだ。』

前理事長 杉山憲夫の考えの下、従来の学校観に捉われない斬新な発想で、平成11年に新設したコースが「生活文化コース(三島スクール)」です。

開校当初は、静岡県で一番小さな学校でしたが、お陰様で現在では、全校で約360人、卒業生も1,400人以上を数える学校となりました。この学び舎において、生徒たちはすっかり明るさを取り戻し、生き生きと学んでおります。きっと近い将来、日本を支える大きな力となるでしょう。

私も前理事長の遺志を引き継ぎ、子どもたちの成長を見守る保護者の皆様の喜びを我が喜びとしながら、更に教育環境を整えて参りたいと考えております。

学校法人沼津学園 理事長 杉山 盛雄

スクール長メッセージ

スクール長

三島スクールの教育の原点は、「自分の好きなことや得意なことを一生懸命にやる」ことです。そして、「お互いを認め合い尊重しあう校風」があることです。その上で、「感性を磨く」ことを趣旨としております。

在籍している全員が、過去に不登校を経験しています。ゆえに、周りの仲間の気持ちがわかります。だから、お互いを認め合うことができるのでしょう。このことが先ずは「安心」できるのだと感じます。

当校のモットーは「急がない、焦らない、でも諦めない」です。人間ですもの、ときに疲れたりくじけたりすることもありますよね。そのときには、このおまじないを唱えてみてください。ふっと肩の力が抜けて、また、自然と力が湧いてきますから。そして、もうひとつ、「明るく、楽しく、朗らかに」も学校生活のモットーです。アットホームな雰囲気の中で、生徒の皆さん一人一人が笑顔溢れる日々を送れることを第一としています。

従来の学校観念に捉われない斬新な発想により、平成11年に新設したコースが「生活文化コース」=「三島スクール」です。皆さんの将来の夢を叶える居場所や環境が、ここならきっと見つかると思います。

飛龍高校三島スクール スクール長 菅野 昌宏